闇タクシーと大もめ

旅の最後の最後で…
タクシー代をめぐりインチキインド人♂二人と大もめ
正規の値段は200ルピー
結局支払った額は700ルピー!
強烈な日差しと行きの2倍以上に重くなったバックパック
しかも朝から水しか飲んでない
約4時間の電車での移動に疲労こんぱいのわたし…
もちろん思考能力も低下する
そんな中
超しつこい闇タクシーに捕まってしまった
いつもだったら
駅からでる前に職員などにタクシーの正規の値段を聞いておくし…
その前にそんな輩は無視するのだが
うっかりRs150ならOKと車に載ってしまった!
乗ったが最後
降りる時にRS1500だと言いやがる!
挙げ句の果てには私の聞き間違えだといいやがった!
ていうか、アンタ達より私のほうが英語力は上だぞ!
頭にきた私はギャーギャー
警察よぶぞと騒いだり
高すぎだと
ごねまくったのだが
相手は一応男二人…
万が一
逆上されて
このまま連れ去られたらマズイと怖くなり
しぶしぶ
700ルピー渡す…。
これでも頑張って値切ったのだ。
あぁ腹立たしい!
円に換算すると2100円なのだが…
けして私はケチではない
しかし
こっちにはこっちの物価がある
しかも、そんな輩に払うお金はない!
むやみに多めに払う必要もないと思って過ごしただけに
怒り倍増である
最後の最後でやられてしまった。
高い(?)勉強代だ
しかし
悔しくてしょうがない私は
空港のチェックインカウンターのお姉さんにグチりまくる…
私の後ろには長蛇の列ができていたのだが
そんなのはお構いなしだ
よくある話だし
気を落とさないでまたインドに来てね
となぐさめられ、なんとか落ち着く
2006.8.20


2006-08-31 | Posted in No Comments » 

関連記事

Comment





Comment